小金井市に対応しているポスティング業者紹介の小金井市ポスティング.com|小金井市の地勢

「小金井市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

小金井市あれこれ

小金井市の地勢

小金井市の地勢の写真

 小金井市の位置・面積

小金井市は、東京都のほぼ中央に位置し、東経139度31分、北緯35度42分にあります。
小金井市の面積は、11.30平方キロメートルあり、東西4.1km、南北4.0kmに広がっています。

 小金井市の地形

地形的には武蔵野台地の南西部に位置し、市域は古多摩川が形成した高低二段の段丘面上に広がっています。このうち一段高い武蔵野段丘面(坂上)は標高60~75m、それより一段低い立川段丘面(坂下)は標高40~57mで、いずれも東に向ってゆるやかに低くなっています。

この両段丘面を区切る崖は、国分寺崖線と呼ばれ、一般に「はけ」名で親しまれています。「はけ」は立川市の北東から始まり、国立駅の東側で中央線を横切り、国分寺・小金井市・三鷹・調布の各市内を通り、世田谷区等々力にまで達しています。この崖線のいたるところに湧水がみられ、湧水を集めながら崖線に沿って「野川」が市の南部を東西に流れています。

地質的にみると、第四紀更新世の中ごろ(約10万年以前)に堆積した上総層群や古多摩川が運搬した段丘礫層を基盤として、古富士山等の噴火による火山灰層(関東ローム層)が厚く堆積しているのが特徴です。武蔵野段丘面には武蔵野・立川両ローム層が約8m、立川段丘面には立川ローム層が約3m程度堆積し、表面を黒土層が覆っています。

小金井市の町丁図

小金井市の町名地図

 小金井市の町名

  • 梶野町
  • 桜町
  • 関野町
  • 中町
  • 貫井北町
  • 貫井南町
  • 東町
  • 本町
  • 前原町
  • 緑町